株式会社ナカサン
ホーム 会社概要 店舗紹介 採用情報 先輩達の声
先輩たちの声 〜当社への応募を考えている方へ〜 先輩たちの声 〜当社への応募を考えている方へ〜
立石美勇「地元である京都で働きたい」
■入社当時をふりかえって
 私がパチンコを知ったのは大学時代でした。当時の友人と、近場のパチンコホールへ行って遊んだのがきっかけです。最初はゲームセンターの延長線程度にしか考えてませんでしたが、何度か楽しむ内に、「こういう世界もあるんだな」と思うようになりました。企業説明会でナカサンと出会い、地元である京都で働きたいという想いと、パチンコ業界への好奇心、そして社員の方々のフランクな物腰を目にして、「この人たちの輪の中で仕事ができたら、きっと楽しいだろうな」と感じました。

■応募を考えている方へ
 いざ働いてみると思い描いていた以上に大変で、早くも理想と現実のギャップを覚えました。お客様も様々な方がおられ、常に臨機応変な対応が求められます。悩みながらの毎日でしたが、上司や同僚、アルバイトの方々に支えられ、不器用ながらも「頑張ろう」と前向きな思いを抱く様になりました。
 今はホールの仕事とは別に、人事採用の仕事も兼任しています。人事部としての仕事は大変ですが、同時にやりがいも感じていて、とても充実した毎日を送っています。

山本大輔「いろいろな経験ができる」
■入社当時をふりかえって
 私は学生時代に長期間接客業のアルバイトをしていました。そこで自分の接客能力を磨いたのでそのまま接客能力を生かせる職場で働きたいと思っていました。パチンコ店での接客は比較的自由度が高く、自分の実力を試すことができ、さらに接客能力が磨けると考えていました。そんな時にナカサンと出会い、この会社なら楽しく仕事ができると感じました。私のような若い人材を大切にしてくれる、人を大切にする会社だと感じています。

■応募を考えている方へ
 私はまだ入社して二年目ですが、いろいろな仕事をさせていただいています。仕事を任せていただける嬉しさや、それ以上の責任感も感じながら日々働いています。責任があるからこそやりがいを感じることができ、楽しく仕事ができると思います。この会社では早くからいろいろな経験ができます。ほかではできない経験です。

尾崎佳斗「目標に向かって頑張ろう」
■入社当時をふりかえって
 大学を卒業後は地元の京都で働きたいと思っていました。そんなとき株式株式ナカサンという会社を知って興味を持ち、会社説明会に参加しました。その際に接した社員の方々の温かな対応を通じて、この会社で働きたいと思い入社しました。日々の業務は大変ですが、とてもやりがいのある職場だと思います。

■応募を考えている方へ
 パチンコについて経験が無くても、先輩方が丁寧に指導してくださるので安心してください。むしろわからない事、不安な事はどんどん聞いて、自分の力にしてください。出来る仕事が増えたら目標を設定してください。そしてその目標に向かって頑張っていきましょう!

西住太伺「チャンスがある会社」
■入社当時をふりかえって
 最初は「この会社で一緒に働かないか?」という知人の誘いから始まりました。実際働いてみて感じた事は、やりたいことをやらせてくれる、チャンスをみんなに与えてくれるそんな会社だと思いました。だから今日まで自信とやりがいと責任を持ち日々業務に取り組めたのだと思います。

■応募を考えている方へ
 これからも向上心を持ち会社と共に成長したいと思っています。
 応募を考えてる方へのメッセージです。初めから全てが出来る方など居ません。研修期間、OJT、Off.JTを通じ、人としても成長できるので、自信を持って仕事が出来る環境がナカサンにはあります。年功序列にとらわれないこの会社であなたの力を試しませんか?ナカサンは主体性、自主性、向上心ある方を大歓迎します。

服部紘士「お客様の目線で」
■入社当時をふりかえって
 私は、パチンコ業界への好奇心と学生時代に磨いた接客能力を生かせる職場で働きたいと思い、企業説明会で出会ったこの会社を志望しました。パチンコの知識も乏しく、初めてのことばかりで不安でしたが、分からない事は丁寧教えてくれて、失敗に対するフォローやアドバイスもしてくださって、未経験の方でも働きやすい環境があり、人材を大切にする会社だと感じました。

■応募を考えている方へ
 私達の仕事はお客様の目線で立ち、お客様に喜んでいただける場所やサービスを提供することです。だからこそお客様から「ありがとう」がとても嬉しく、大切に感じます。お客様を楽しませる店舗を目指して、一緒に頑張りましょう!

松本祥弥「アットホームな会社」
■入社当時をふりかえって
 私は以前も同じ業界で働いていたことがあり、ここなら自分の力を発揮できると考えて入社を志望しました。 入社当初は不安もありましたが、周りの人たちに支えられ、今では生き生きと楽しく仕事をすることができ、 アットホームなこの会社に入社して本当によかったと感じています。

■応募を考えている方へ
 私たちがやっている仕事は意外と幅広く、さまざまな業務がありますがメインは接客になると思います。 正直この業界の接客は楽しいことばかりではなく、入社した後もイメージの違いなどで悩まされることがあるかもしれません。 しかし同時に、ここには人間として成長できる環境があります。 辛いときや困ったときでも自分を支えてくれる仲間がいます。 今の自分に満足していない方、今の自分を変えたいと思っている方、勇気を出して挑戦してみませんか? 私たちと一緒に会社を盛り上げていきましょう!

原真央「自分の力を発揮しよう」
■入社当時をふりかえって
 この会社なら、自分の力を試せる! そう感じ始めたのはアルバイトを2年続けてからでした。「年功序列にとらわれず、自分の力で上を目指せる!」と当時の店長からの話を聞き、その後、エンターテイメントの世界の裏側に興味を持ち、福利厚生面もしっかりしていると感じたので、社員登用の面接をさせてもらいました。

■仕事について
 日々お客様に楽しく遊技してもらえるよう考えています。その中で、こんなことをしてもらえれば嬉しいんじゃないかと思い即実践したりします。そんな時、お客様から『ありがとう』の一言。自分で考えた行動が結果を生み出す。これがこの仕事の醍醐味だと思います。
 スタッフとの関わりも人生の中で大切なものだと思います。スタッフみんなで毎日試行錯誤し、お客様を楽しませる。そして毎日『お疲れさま』で終わる。チームとしてやり遂げる事が出来るこの仕事はやはり魅力です。

■応募を考えている方へ
 私はアルバイトからスタートして、社員⇒副主任(2年間)⇒主任(1年間)で、現在は副店長として、店舗の状況管理、スタッフの管理を主に行っています。管理管理の毎日ですが、もちろん接客もしながらお客様の声とスタッフの声を聴いて店の運営に役立てたりもしています。
 この会社は、お客さまにとって身近なレジャーであり続けることを目標として、企業活動に取り組んでいます。『遊び』に本気! お客様を楽しくさせる! お客様との距離がどの企業さんより近い分、自分の力がしっかり発揮できる職場です。
 自分と真剣に向き合い、自分に合う仕事を見つけて下さい。今がその時です。

野里和美「接客のプロを目指して」
■入社当時をふりかえって
 私は、高校を卒業したら働いて自立したいと思い、社員寮のあるこの会社を志望しました。パチンコの経験もなく、知識もなく、初めてのことばかりで不安がいっぱいでしたが、分からない事は理屈から丁寧に教えくれたので、理解し、自信を持てるようになれました。今はホールでの接客だけでなくカウンター業務も任され、後輩やアルバイトスタッフの方に教える側になりました。 毎日カウンターで接客していると、お客さんは、顔や名前を覚えてくれ、名前で呼んで話しかけてくれたり、毎日カウンターまで来てあいさつしてくれたりします。優しいお客さんの笑顔をみると、ほっこりして、この職場でよかったなと、改めて実感します。

■応募を考えている方へ
 未経験の方でも、やる気と接客が好きって気持ちさえあれば誰でも頑張れると思います。
 弊社は実力次第でどんどん仕事を任せてもらえるので、やりがいがあると思います。一緒に働ける機会があれば楽しく仕事しましょう。

横山浩三「自分の実力を試したい」
■入社当時をふりかえって
 私は「自分の実力を試す事のできる会社で働きたい!」と思い、就職活動を行っていました。そんな時、株式会社ナカサンを見つけ、「この会社ならやれる!」と思って応募しました。もともとパチンコ業界にも興味があり、学生時代のアルバイトでも接客業をしていたことから、自分にピッタリの会社だと思っています。日々の業務の中で失敗する事も多く、大変なことも多いです。しかしだからこそやりがいがあります。そしてまた上司の方々に時には厳しく、時には優しくご指導して頂いています。まだまだこれからですが、向上心を絶やさず頑張っていきたいです。

■応募を考えている方へ
 自分の考えをしっかり持ち、自分の実力を試したい方なら、とても魅力のある会社です。日々の業務で大変なことがたくさんあるのは事実ですが、信念を持ち、自分を追究していける場がこの会社にはあると思っています。そしてまた、この会社の将来は、僕たち若い世代が築いていかなければなりません。そのためには将来のビジョンや、お客様のニーズに応え、お客様を楽しませるためのアイディアが必要です。是非とも一緒に、株式会社ナカサンの「これから」を作り上げていきましょう!お待ちしています。



> 先輩達の声
求人情報 私たちと一緒に働きませんか?
採用情報
スタッフインタビュー
page top prduced by 京都グラフィッシュ